FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクストリーム出社をしてみました。 鋸山登山出社

※この記事はneeboorまとめを作成している「ΦΦ」のブログに「しゃうた」が記事を書いています。

(`・ω・)b

こんにちは「しゃうた」といいます。普段は都内に勤めている会社員です。
先日エクストリーム出社をしてみたのでまとめてみました。

普段はneeboorというサービスを利用しています。

neeboor.jpg

これは位置情報をベースにつぶやけるからです。
これを使い他のユーザーを驚かせたり日々の生活をアップして楽しんでいます。

今回エクストリーム出社の存在を知りチャレンジする事にしました。







  エクストリーム出社ってなんだろう。 

exs.jpg 

日本エクストリーム出社協会HPを見ますと、

<引用>

エクストリーム出社とは、早朝から観光、海水浴、登山などの
アクティビティをこなしたのち、
定刻までに出社をするエクストリームスポーツである。
このスポーツのプレイヤーは、一般的な通勤者と区別して「出社ニスト」と呼ばれる。

~中略~

出社までを「移動」「アクティビティ」「演出」の三つの採点基準で競い合う、
エクストリーム出社大会も行われる。出場形式はシングル、
ペア、団体など様々。オリンピック正式競技には選ばれていない。

と書いてあります。

たぶん、

出社前に何かして定時出社
する事をそういうのでしょう。
面白そうですワクワクします。

まずtwitterに登録しました。
日本エクストリーム協会のHPを見ると、
twitterにハッシュタグをつけると興味のある人に見てもらえるとの事で、
twitterに投稿出来るようにしました。
neeboor側はtwitter、facebook連携があるのでneeboorのIDを利用しました。

投稿には#エクストリーム出社のハッシュタグをつけました。
これが上手く行かなかったんですけどね(後述)



早速自分が利用しているneeboorのユーザーに意見をもらいます。

・築地で朝ご飯とかいいなー
・山手線一周とかd( ̄  ̄)どうよ??
・家に帰らない!
・皇居ランニングとか 早朝寺社参拝巡りとか 温泉施設で朝風呂とか
・寒中水泳してから仕事行くってのは(^ω^)

などの意見をもらいました。

中でも、

千葉の鋸山なら登ってから出社出来る。
しかも電車やフェリーが使える。他の人もやって無いんじゃないか?

という提案に心惹かれました。


しゃうたは朝10時に四ツ谷に出社しなければなりません。

そして登山だけではつまらないので登山して夜明けを実況しようと考えました。
neeboor自体が実況アプリと銘打っていて沢山のユーザーが色々な実況をしています。

・前日入り、・早朝登山、・出社と、方程式が浮かんできました。


<最初のスケジュール>

18日(火)

定時後スタート 19:00 四ツ谷

東京駅発 21:53
千葉駅着 22:26
浜金谷 23:47
到着後、近くのコンビニ、ファミレスで時間を潰す。

19日(火)

アタック開始 4:30
日の出 5:45
下山 6:00
東京湾フェリー 7:20
久里浜港バス 8:08
京急久里浜駅 8:24(リミット)
四ツ谷 9:50 出社10分前着

上記予定を立てました。

この予定だと、

・徒歩
・電車
・夜間登山(日の出)
・フェリー
・バス

とエクストリーム出社の基準をかなり満たします。



【採点基準】

エクストリーム出社の採点は、
「移動」と「アクティビティ」と「演出」
の三つの基準にもとづき、総合的に評価される。

移動
移動はさらに「距離」と「手段」に分けられる。 

距離

スタート地点から会社までの距離が長いと、
エクストリームになりやすく、ポイントが高くなる。
ただし、移動距離を狙いすぎると、新幹線や飛行機での移動のみの出社となり、
アクティビティや演出面でポイントが得られにくくなる。また、
会社との距離が極端に近い場合も、ある意味エクストリームであるため、
ポイントにつながる可能性もある。

手段
たいていのプレイヤーは電車を利用して出社をするため、
オリジナリティのある通勤手段を用いて出社をするとエクストリームになりやすく、
ポイントが高くなる。電車であっても新幹線、電車ではなく飛行機を利用すると、距離の点でも強い。
また、川の近くに会社がある場合、カヌー。趣を変えて籠を使うなど発想が試される。
その反面、独創的であればあるほどトラブルによる遅刻の可能性も高くなる。

アクティビティ
出社までに行う活動のことをアクティビティという。
これをしなくてはいけないという規則はないが、
いまのところ、大きく三つに分けられる。たいてい、これらを混合して実施される。 

グルメ
エリア特有のおいしいものを食べると、一般的にポイントが高くなる傾向がある。
または、極端にまずいものであったり、何も食べられず飢えても、エクストリームであればポイントになる。
店で食べる場合は、どこにでもある店より、めずらしい店の方が有利になりやすい。
店を使わずに、魚を釣って、その場で食べるケースもある。
この場合、グルメとレジャーを兼ねるので、ポイントが高くなる。

レジャー
一般的にアウトドアレジャーが主流。
海水浴や温泉浴や登山などを行う。
難易度が高いと、それに応じてポイントが高くなるが、無理はくれぐれも禁物である。
アウトドア以外のレジャーとなると、早朝であるため、
娯楽施設がオープンしていない場合が多く、どのように楽しむかが問われる。 

スポット
有名な観光スポットや、無名でも興味がひきつけられるスポットをめぐる。
休日や平日の日中だと混雑して充分に楽しめないスポットを、早朝である利点を活かして訪れたり、
早朝にしか見ることのできないものを見ると、ポイントが高くなる。山の頂上で日の出を見るケースでは、
日の出スポットと、登山というレジャーを兼ねることができる。
必ずしも、よいスポットである必要はなく、
なぜそんな所にというスポットでも、エクストリームであればよいとされる。 

演出
個人でエクストリーム出社を楽しむのであれば演出は必要ないが、
競技においては、それを表現しなければ、競技に参加していないことと同義である。
見てくれる皆様も楽しんでくれるはずです。



しゃうた自身、登山をした事は皆無、
初めての場所しかも夜間登山が最大のネックです。

鋸山について調べてみると、

・道案内が乏しく迷う事がある。
・ハイキングコースとしては、傾斜がきつく上りごたえがある。
・ルートを選べば一時間かからず登頂出来る。

とあります。

またメッセージをくれた方も、険しいが、成人男性ならいける。
覚えればルートも簡単、結局は暗闇の恐怖との戦い。
昼間に一度行った方が良いと教えてくれました。

鋸山自体、都内から日帰り出来る場所と距離なので下見に行こうと考えました。
が、結局仕事の都合、下見には行けませんでした(涙)



当日は仕事道具の他、
以下の物を持参しました。

・ヘッドライト 200ルーメンのもの
・リュックサック
・運動靴
・小さくまとまるダウン(ユニクロ)
・飲み物
・カロリーメイト



そして当日に向けneeboorの方で告知しました。
もう後には引けません。



それでは当日の流れを
ドキュメンタリーでどうぞ!




当日


----- ----- ----- ----- ----- -----


ちょっと仕事が長引きプラン変更を余儀無くされたしゃう(・ω・)
シゴト終了後スタートするしゃう!



----- ----- ----- ----- ----- -----

いきなりトラブルです。仕事の定時は19時、
そこからのんびり準備しても東京駅発 21:53 に乗れたのですが、
ちょっと神奈川寄りの仕事が入ってしまいました。
このままだと仕事終わりは21:00頃、

路線案内で調べるとなんと川崎から路線バスが出ているそうで、
アクアラインを渡っていくそうです。

これは絵的にもおいしいです。仕事を終え川崎駅に向かいます。


21:30 川崎駅付近

pict-IMG_3269.jpg 
人が多いです!

pict-IMG_3270.jpg 
木更津駅東口行に乗ります。

----- ----- ----- ----- ----- -----


IMG_3273.jpg 

ギリギリセーフしゃう川崎駅から木更津行のバスに乗るしゃう(*ノω`*) 


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3274.jpg 
乗れました。空いてます。

バス乗り場は沢山あるので下調べが必要です。
あとチケットの買い方が解りませんでしたが、降車時に支払うみたいです。
とりあえず乗ってしまいます。車内はガラガラ。
久しぶりの大型バスの雰囲気、音、臭い、非日常感が高まります。
旅行に行くみたいです。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3276.jpg 

工場の夜景しゃう。写真には写らない美しさがあるしゃう(*´ω`*)


----- ----- ----- ----- ----- -----


川崎の工場地帯、対岸には羽田空港、工場萌えの方々が喜ぶ地帯を通過します。
これで噂のアクアラインに入るのですね。

pict-IMG_3277.jpg 
アクアラインは只のトンネルだった。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3279.jpg 

アクアラインを渡ったしゃう(`・ω・)b


----- ----- ----- ----- ----- -----


アクアラインの前に浮島?のバス停に停車、
そして直ぐにアクアラインです。長いトンネルという感じで、海底の実感がありません。
ずーっとトンネルを通り、海ほたるパーキングエリアには寄らず、最後に橋になる。
袖ヶ浦バス停、そこから木更津駅に向かいます。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3281.jpg 

木更津についたしゃう(*´ω`*)


----- ----- ----- ----- ----- -----


22:50 木更津駅


pict-IMG_3290.jpg 

木更津駅に着きました。
急いで改札に向かうもの乗るであろう電車は行ってしまいました。
そして駅の周りを散策するも、めぼしい店はなく吉野家が23:00に閉店になりました。

しばらく散策します。


pict-IMG_3283.jpg 
たぬき?


pict-IMG_3284.jpg 
ボタンを押す地図のランプが光るらしい。
 

pict-IMG_3289.jpg 
木更津駅を光らせたい。
が、ボタンが無かった。


pict-IMG_3285.jpg 
木更津駅前は閑散としていました。


する事もないので改札に降りると下りの電車が来るようです。
隣の駅止まりですが、ネタにもなるので乗ってみます。

pict-IMG_3292.jpg 


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3293.jpg 

電車は一駅で止まったしゃう(ノωT)結局次の館山行きを待つしゃう



----- ----- ----- ----- ----- -----


23:15 君津駅 


隣が終点なのが電車の中の雰囲気は煮詰まっているというか、
お疲れの方々がぐったりしています。
一駅でまた電車から降ります。

pict-IMG_3295.jpg 
する事もなく。


pict-IMG_3296.jpg 
こちらも閑散としています。


pict-IMG_3299.jpg 
下りの電車が来ました!


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3301.jpg 

il||li(ФДФ;) il||li


----- ----- ----- ----- ----- -----


この列車は館山行きの最終です。

木更津→君津→青堀→大貫→佐貫町→上総湊→竹岡→浜金谷(目的地)と続きます。

車内に乗客はパラパラですが殆どの乗客が煮詰まって、
座席で横になって寝ています。

目の前のこの男性、携帯電話まで落とす酔いっぷりです。
自分が降りるときまだこの状態だったら起こしてあげようと見守ります。

すると、突然、手元のマックの袋を手に取り、
ロッパァアアアアアアア、
と戻してしまいました。


pict-IMG_3303.jpg 
まぁマックの袋を手にとった事はナイスと褒めるべきか…


pict-IMG_3304.jpg 
瞬間僕は席移動をしてしまいました。

この時点でかなりアドベンチャー気分です。
非日常的感覚。






pict-IMG_3306.jpg 

ついたしゃう(`・ω・)b



----- ----- ----- ----- ----- -----


23:45 浜金谷
 

ついに目的の駅である浜金谷駅に付きました。
降りた乗客は殆ど居なく、そして風が物凄く強いです。

pict-IMG_3308.jpg 
電車が行ってしまいました。
写真には写りませんがものすごい風です。


pict-IMG_3310.jpg 
え!フェーリー欠航!?
そしてロープウェーは9:00から!?


pict-IMG_3311.jpg 
ん?自動改札?
とりあえずスリカをかざしました。


pict-IMG_3313.jpg
ロープウェーが上がる程の山
 

pict-IMG_3314.jpg
駅から出てみました。


pict-IMG_3315.jpg 
(`-ω-)
人の気配がありません。
電車から降りた人は何処へ。 


pict-IMG_3316.jpg 
ロープウエーがウリらしい。


pict-IMG_3318.jpg
ロープウェーに乗れない期待が確実なものに(汗)

さて、これから出発予定の4時までどうやって時間を潰すか。


----- ----- ----- ----- ----- -----


超朝会エクストリームしゃうたは暗いうちに登山を開始し、
頂から夜明けを拝みそのまま出社するしゃう!
状況的に強風と非常に危険なコンデジションしゃうがやれる所までやるしゃう!
※電池等節約の為次の更新は四時過ぎを予定しているしゃう (;´ω`A ```



----- ----- ----- ----- ----- -----


裏話…

まず駅の待合室でコメントをくれた皆様に返事を書きました。
そのあとでセブンイレブンに移動、食料や小物を買い、立ち読みなどをして、
それではガストで朝を待ちますかと移動してすると、
なんとガストは朝2時で閉店、失意のままコンビニに戻り、
気まずいのでそのまま駅の待合所へ戻り仮眠しました。

風が弱ければ近くの公園とかでも良かったのですが、
この日は看板が飛ぶほどの強風でした。


pict-IMG_3320.jpg
お金もおろせます。  お酒も。


pict-IMG_3322.jpg 
開いてて良かった。


pict-IMG_3321.jpg
これが無いとどうにもなりません。 


pict-IMG_3323.jpg
そして待望のガスト! 


pict-IMG_3324.jpg 
…二時で終わってた。
一直線にガストに行くべきだった。





4:30 起床そして移動


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3331.jpg 
時計は四時半… 


pict-IMG_3332.jpg
レトロな待合室です。


pict-IMG_3334.jpg 

ありがとうしゃう


----- ----- ----- ----- ----- -----


お世話になった待合所にお礼を伝えて出発です。
金谷の町はどこかレトロな街並みで少し怖かったです。
駅から10分ほどで登山道入り口に到着。

pict-IMG_3335.jpg 
街灯がポツリ、ポツリと…


pict-IMG_3339.jpg
ん?


pict-IMG_3341.jpg 
ーンゴク堂?
テンゴク堂!?
ふ、不吉な…
確かこの店を曲がり山に入る… 


pict-IMG_3342.jpg
これは乗ってきた電車の路線かな、


pict-IMG_3343.jpg 
潜り進みます。すると目の前に…






pict-IMG_3344.jpg 

いよいよ登山開始しゃう。入り口は不気味な階段しゃう(ーωー;)風が激強しゃう…


----- ----- ----- ----- ----- -----

ここからが恐怖との戦いです。


4:40 登山口


遂に来ました。

ここにしゃうたの策略がありました。
夜間登山はとてつもなく怖い。
でも
夜明けまで考えて90分闇の中、
90分我慢すれば明るくなる!

明るくなれば恐怖感も薄れる。
と考えていたのです。

下手にもっと早い時間に登ると道に迷ったり、
トラブルが起きた場合、夜明けまで闇の中をさまよう事になります。



pict-IMG_3345.jpg
情報通り目の前に階段があります。階段は永遠と続いています。
凄い斜度で階段を少し上がっただけで息切れをしてしまいます。
膝や腿にも負担がかかります。
 恐怖心と戦いながら進む、進む。


pict-IMG_3346.jpg 
恐恐恐
既に息切れしながら。 
辺りは完全に闇…


pict-IMG_3347.jpg
振り返ると遠くに町の明かりが見えます。明るい所は多分駅 
しゃうたの周りは闇…


pict-IMG_3348.jpg
階段は続くよ何処までも。
いきなりハードモードですか? 


pict-IMG_3349.jpg
ん?ベンチ?


pict-IMG_3351.jpg
月のおかげでだいぶ明るかったんです。
綺麗でもあります。


pict-IMG_3352.jpg
階段が無くなりいよいよ山道です。
怖怖怖


pict-IMG_3353.jpg
ファンタジー映画の様な世界です。


pict-IMG_3355.jpg
何だこれは、怖怖怖怖怖…

夜の山は本当に怖いです。
風がゴーゴーと響き、木の枝がバサバサと音を立てています。
たまに休憩所と思われるベンチがあります。
15分ぐらい階段を上り続けると人工物が見えてきました。
怖いです。逆に人工物が怖いです。


pict-IMG_3356.jpg
古臭い、休憩場ですか? 


pict-IMG_3357.jpg
ここで休みたくないなぁ。


pict-IMG_3354.jpg 
だけど振り返ると中々の景色です。

比較的道に迷うようなルートではないので作られた登山道を進みます。
少し進むとトイレの様な小屋が…これも怖い。


pict-IMG_3362.jpg 
隙間から何かが見ている?
え?
 え?


pict-IMG_3359.jpg
この標識が首つりに見えて超びびった。


pict-IMG_3360.jpg
謎の小瓶…周りに沢山落ちてた。 


pict-IMG_3361.jpg
売地?


途中なだらかな場面もありましたが、
基本はかなり登って行く道です。

息を切らしながら上がります。
一人なので行動を止めたくありません。

登山道がだんだん岩っぽくなります。
苔も生えているので気を抜くと転んでしまいそうです。
杖があった方がいいかもと思います。

何か所か道を間違えたら崖下に真っ逆さまな個所もあります。  
 
pict-IMG_3364.jpg 
下り階段は一か所だけだった。


pict-IMG_3365.jpg
平地も殆ど無いです。  

pict-IMG_3367.jpg
岩と岩の間をクネクネと上がっていきます。


pict-IMG_3366.jpg 
いよいよそれらしい道しるべです。
海抜180メートルキター。


pict-IMG_3368.jpg
岩がゴロゴロしている。


pict-IMG_3371.jpg
手すりの反対は崖なんだろうなぁ。


pict-IMG_3372.jpg 
石垣、石の階段も増えてきました。


pict-IMG_3373.jpg 
え!マムシ!?冬は大丈夫ですよね?


pict-IMG_3374.jpg 
人工的な石の階段ですが歩く部分が凹んでいます。


pict-IMG_3375.jpg 
分岐点

これこれ、これだけは注意してた。
ここで行先を間違えるととんでもない方向に行ってしまうそうです。
今回は地獄覗きに行くので日本寺方面に向かいます。


pict-IMG_3376.jpg
階段がきつくなり。


pict-IMG_3377.jpg 
手すりが付き、手すりを持たなければ上がれなくなります。


pict-IMG_3378.jpg 
勾配は急になり手すりが紐になり… 心臓が破裂しそうです。


pict-IMG_3379.jpg 
突然日本寺の看板が。
やっと平地になりました。


pict-IMG_3380.jpg
参観料…誰かいますか?


pict-IMG_3381.jpg
ここに有名な百尺観音があるらしいですが…見えない。 


pict-IMG_3382.jpg 
目指すは頂上展望台、地獄覗きです。
ぜぇぜぇ


pict-IMG_3384.jpg 
ここからの階段が非常にきつい。
はぁはぁ




5:35 頂上


そしてたぶん地獄覗きと思われる場所に到着しました。

pict-IMG_3385.jpg 
辺りを見回し、一番高い岩の山?に上がる事にします。
とにかく風が強く寒い。
その前に用意していた。ダウンを着込みます。


pict-IMG_3386.jpg 
うっすら明るくなっている。

登っている時は汗ばみましたが、
標高300メートルとはいえ頂上は物凄く冷えています。
風も強いし…


pict-IMG_3387.jpg 
この段階でとても気持ちがいいです。


pict-IMG_3388.jpg 
月と東京湾と町の明りです。


pict-IMG_3398.jpg 
ここでアクシデントです。
着替える時、地面に置いたiphoneが飛んでいき、崖の柵、ギリギリで止りました。
崖の下は数十メートルあるので落ちていたらレポート終了でした。
iphoneはプロテクターのおかげで無事でした。

とにかく風が強いので、頂上で写真を撮り、
岩陰に潜むという行動を繰り返しレポートしました。


----- ----- ----- ----- ----- ----- 
 

このシャウトがしたかった!


NCM_2898.jpg 

ついたしゃう!



----- ----- ----- ----- ----- ----- 
 


pict-IMG_3391.jpg
太陽側です。


pict-IMG_3410.jpg 
この日は丁度満月で、東京湾が箱庭の様に映し出され、
幻想的です。まるで演出がなされた映画のCGの様でした。
標高が低いため、強風で波立つ海、白波が見えとても美しい。


pict-IMG_3397.jpg 
南の海側


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3395.jpg 

第一目標制覇しゃう 


----- ----- ----- ----- ----- ----- 

NCM_2900.jpg 

感動的しゃう!
  
  

----- ----- ----- ----- ----- -----

pict-IMG_3407.jpg 
特に自分が立っていた場所が頂上のあたりで一番高い岩の上です。
360度パノラマです


pict-IMG_3414.jpg  
 ここまで書いていてて思ったのは、既にエクストリーム出社の枠を超えています。
単なる登山レポートですね。 まったく出社のイメージが湧きません。


pict-IMG_3424.jpg 
空はゆっくり明るくなってきます。
この風景、独り占めです。


pict-IMG_3441.jpg
よく見ると富士山と月が見えます。

肉眼だと 写真の数百倍きれいにくっきり見えますよ。


----- ----- ----- ----- ----- ----- 


NCM_2902.jpg 

下山しゃう、実はロープウエィが九時からで間に合わないしゃう





6:00 山頂


残念な事に日の出の方角に丘というか別の山があり
日の光を見る事が出来ません。
いよいよタイムリミットです。

後ろ髪をひかれながら下山します。

実は下見をせず、
ネットで調べた程度、
初めて鋸山を見ます。


pict-IMG_3430.jpg 
え、何この断崖絶壁。


pict-IMG_3435.jpg
 岩の絶壁が多いです。
そもそもこの鋸山、岩を切り出す為の山だったらしいです。


pict-IMG_3437.jpg 
ここが地獄覗きです。


pict-IMG_3442.jpg 
これが百尺観音です。
こんなに大きかったのですね。


pict-IMG_3444.jpg 
地獄覗き。あんな所に居たのか…


時間が心配なので小走りに参道を下ります。

pict-IMG_3447.jpg 
明るいから全然怖くないです。
想像以上にハイペースで降りる事が出来ます。


pict-IMG_3445.jpg 
ただ写真以上の急こう配でなおかつ
岩に苔がついていたりするので転倒注意。 


pict-IMG_3448.jpg
目指せ東京湾フェリー


pict-IMG_3450.jpg
真下に下るようなイメージです。 


pict-IMG_3452.jpg
かなり早歩き。 


pict-IMG_3456.jpg
こんな所通ったんだ。 


pict-IMG_3457.jpg
くぐる所嫌なんですよ。 


pict-IMG_3458.jpg
なだらか区間はスピードアップです。 


pict-IMG_3459.jpg
こんなに走ってたかな。 


pict-IMG_3463.jpg 
必死


----- ----- ----- ----- ----- -----


NCM_2903.jpg 

だいぶ降りてきたしゃう 


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3451.jpg 
暗い時は見えなかったけど、
道から外れたら結構危険な地形ですね。


pict-IMG_3464.jpg
一か所あった平らなエリア


pict-IMG_3468.jpg 
ここ来る時下りました。


pict-IMG_3471.jpg 
謎の建造物はこんなんだったんだ!
 ギリシャ的


pict-IMG_3473.jpg 
展望台眺めはいい感じです。


pict-IMG_3477.jpg 
町がだんだん見えてきます。
本当に気持ち良かった。 


pict-IMG_3474.jpg 
あの上の方から降りてきました。


----- ----- ----- ----- ----- ----- 


NCM_2905.jpg   
 
降りてきたしゃう


----- ----- ----- ----- ----- -----


登山口から20分ぐらいのルートが、
細かい階段の連続で心折れるんじゃないかと思います。
下りはリズミカルに降りてきました。

pict-IMG_3478.jpg 
小刻みに降りるのがつらいです。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3479.jpg 

登山口しゃうフェリーまで走るしゃう(`・ω・)b



----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3344.jpg 
参考資料、上る前の登山口


----- ----- ----- ----- ----- -----


6:50 登山口


登山口からフェリーまで小走りで15分ぐらいかな。

7時20分のフェリーに乗らなければ遅刻確定なので急ぎます。
※乗り遅れたとしても、電車、もしくは高速バスで都内までのリカバリーは可能です。
フェリーに乗らない方が早…





pict-IMG_3481.jpg 

アレに乗るしゃう(*ノω`*)間にあったしゃう


----- ----- ----- ----- ----- ----- 


7:05 フェリー乗り場


pict-IMG_3483.jpg 
フェリーは欠航か?と思われましたが、フェリーは荒波を乗り越えやってきます。
どうやらフェリーは運行中です。


pict-IMG_3484.jpg 
切符売り場の券売機で券を購入、
そしていよいよフェリーに乗り込みます。


pict-IMG_3486.jpg
うわ~なんか良いなぁ。
ゴゴゴゴゴ
低く響くエンジン音、港ならではの警笛、
もう完全に旅気分です。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3489.jpg 

ボクはあの頂に立ったしゃう(*ノω`*)心地よい疲労感が体を包むしゃう


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3490.jpg

フェリーに乗り込みほっと一息、山の頂から朝日が差し込みます。

さっきまであの頂にいたんだなぁと。感動。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3495.jpg
こんな波の日見た事がない(船の人曰く)凄い波です。
 

pict-IMG_3497.jpg
これもなんだか旅行気分!


pict-IMG_3498.jpg
港の人達が慌ただしく動きだし、係留していたロープを解きます。
警笛、笛、ボエーという音、いよいよ船が出港です。


pict-IMG_3499.jpg
こじんまりした港によくフェリーが入るものだ。


pict-IMG_3501.jpg 
だんだん離れていきます。


pict-IMG_3502.jpg 
あれが本物の朝日さんじゃー!


pict-IMG_3503.jpg
ネタで使いたかったけど、揺れが酷くて使えませんでした。

 
pict-IMG_3504.jpg 
陽はどんどん上がるよ。


pict-IMG_3507.jpg 
陸地が近いとスピード感が解ります。既に速いです。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3506.jpg 

動き出したしゃう!ついに海しゃう!


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3512.jpg 

しゃうしゃう 


----- ----- ----- ----- ----- -----


その瞬間船体は傾き、荒波である事が解ります。なんとか手すりにしがみつき、
揺れが収まる一瞬で移動、繰り返して席に着きます。

pict-IMG_3511.jpg 
やっとの朝ごはん。


pict-IMG_3510.jpg 
サラリーマン風の人もチラホラ…しばしの休息。


pict-IMG_3513.jpg
え!もう着くの?


pict-IMG_3514.jpg 
久里浜はスッキリしてます。


----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3516.jpg 

久里浜しゃう降りたら急いでバスしゃう 




 
8:00 久里浜港


約35分後、久里浜港に到着です。 


pict-IMG_3517.jpg
あそこから降りるのかな。 


pict-IMG_3518.jpg
接岸準備ー。


pict-IMG_3520.jpg
海のそばにカインズホームがある。 


pict-IMG_3522.jpg 
もう降りるのか…なんだかさみしい。


pict-IMG_3523.jpg 
ゲートを潜り。

 
pict-IMG_3524.jpg
なんかスッキリした港。 


pict-IMG_3525.jpg 
お土産屋さん。ゆっくり見たいです。


----- ----- ----- ----- ----- -----

pict-IMG_3526.jpg 

バスに飛び乗ったけどやな予感しゃう



----- ----- ----- ----- ----- -----


久里浜港から京急久里浜までは二種類のバスがあり一種類はかなり大回りと調べてあります。
間違えてるのはNGですが、目の前に発車寸前で(僕をまっている)バスがあったので飛び乗ります。

 




pict-IMG_3527.jpg 

久里浜駅しゃうが予断を許さない状況しゃう


----- ----- ----- ----- ----- -----


8:20 久里浜駅


pict-IMG_3528.jpg 
ここまではバスを使いました。ありがとう。


pict-IMG_3529.jpg
改札に入り… 


pict-IMG_3530.jpg 
ついに京急久里浜駅に着きました。
このまま乗れれば新橋には目標時間の30分前に着けます!


pict-IMG_3531.jpg 
しかも偶然前の人が降りて座れてしまった!

(∩´∀`)∩ワーイ

あとは乗り換えつつ新橋を目指すのみ。


が!


----- ----- ----- ----- ----- -----


JR人身事故しゃう(;?ω?;)


----- ----- ----- ----- ----- -----


そしてneeboorのやじをみて愕然としました。
なんとかなり人身事故により大幅な電車遅延が起こっていると!

エクストリーム出社のルールとして、
遅刻してはならないという
ルールがあるのです。


いやでも余裕の30分前着予定だし…


----- ----- ----- ----- ----- -----


やっとヨコハマしゃう!このままではサラリーマンに変身する時間がなくなるしゃう!



----- ----- ----- ----- ----- -----


ですが横浜駅に近づくと度々スローダウンです。
neeboorやネットをみても悲鳴が聞き取れます。


----- ----- ----- ----- ----- -----


ここで先方さんに遅刻謝罪の連絡を…
すると先方さんも遅れまくっているとの事。
だが、それに甘えてはいけません。


----- ----- ----- ----- ----- -----



品川しゃう…京急30分遅れ…敗北宣言しゃう(ノω・。)
先方さんも遅れているしゃうが目標の10時新橋は未達成しゃう
皆応援してくれてありがとうしゃう(;ω;)
エクストリームしゃうた -完-






品川で10:00になってしまいました。



----- ----- ----- ----- ----- -----


pict-IMG_3533.jpg 

ゴールしゃう(ノω・。) それでは行ってきますしゃう。

----- ----- ----- ----- ----- -----


10:16 新橋SL広場


新橋のSL広場に16分遅れで到着

先方様もカナリ遅れていたので仕事的には問題なかった(それでも早かった)ですが、
負けは負けです、敗北宣言。


----- ----- ----- ----- ----- -----


最後に


エクストリーム出社っていう面白そうな名前を目にして実際自分でやってみた。
全行程、とても不安だったんですけど、結果、達成感で一杯です。

仕事終了から出社までの約半日、様々な要素が凝縮され、
旅行等で味わえる様な「非日常感」が沢山感じられました。

やって良かったです。




工程まとめ

しゃうたが実際に行った工程

18日(月)

川崎駅路線バス21:50~
木更津駅23:00 ~
浜金谷23:47
※近くのコンビニ、ガスト、駅の待合室で時間を潰す。

19日(火)

鋸山(千葉県) アタック開始 4:20~
日の出 5:45~
下山 徒歩6:00~
東京湾フェリー7:20~8:00
久7 京急久里浜駅行きバス 08:08~08:20
京急久里浜駅 8:24 
品川SL広場10:16
※当日は人身事故の為電車が遅延した。
 ※当日は新橋の客先に直行となった。

syautamap.jpg 
※クリックして大きくなります。




結構ダイナミックにエクストリーム出社をしてみた。


おしまい




レポートお疲れさまと思った方はクリックお願いします。

↓↓↓

人気ブログランキングへ

ΦΦさんブログスペースかしてくれてありがとう。






















スポンサーサイト

テーマ:毎日を楽しむ♪ - ジャンル:ライフ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neeboormania.blog.fc2.com/tb.php/3-35fae758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

AKBΦΦ

Author:AKBΦΦ
名前 ΦΦ(ファイファイ)
インターネット関連の新し物好き、
neeboorを見つけオピニオンリーダーに
なりたいと思っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (0)
ニーボとは? (1)
neeboorの楽しみ方(初l級編) (0)
しゃうた (1)
ニュース (2)
楽しいこと (1)
シャウトとやじ (1)
退会方法 (1)
強制退会 (1)
メッセージ (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。